BLOG

撮影実績や撮影手法を紹介

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 撮影実績
  4. 消防葬

消防葬

2020年7月5日に起きたレック静岡第二工場火災で亡くなられた4名のうち3名の消防士の方の葬儀「消防葬」が行われました。
今回私どもでは、運営あいネット、撮影あんとスキップさんの手伝いとして壇上祭壇横のビデオカメラをまかせて頂きました。

消防葬では、県知事、静岡市長や島田市長、消防長官など多くの方が参列し、被害者のご家族やご親族も参加され栄誉ある賞を受け取る式典と同時に非常に多くの消防士や一般の方が列席されました。
祭壇横からは、3名の消防士の皆さんへ向けて話す様子など祭壇側に向かって行われることが多いため祭壇横からの撮影を任されたのでスーツ着用で白の手袋をして撮影にあたらせて頂きました。

祭壇横では私も涙しながらの撮影となりました。
そして後半の一般参列の方の中には、森西消防士と交流があった千葉の小学生の姿もありました。
壇上でなく一般の参列にしっかり並び後半の方に来てくれたのでとても謙虚に並んでくれていたようです。
撮影もほぼ終わりぎわでカメラ固定でしたがちょうど気がついたのでカメラを向けさせて頂きました。

私どもでは、静岡市の映像制作会社「あんとスキップ(旧清電社)との取引もあり実は、消防学校の半期ごとの撮影をさせていただいており消防の方々の努力や訓練の様子をずっと見せていただいているので、特に今回の事故は悔しい事故だと思います。

日本で起こる抗した事故では、警察官や自衛隊と比較しても最も高い事故率なのが消防の世界です。
非常に厳しい現場での活動を行う消防士の皆さんにあらためて敬意を表したいと思う撮影でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事