橋桁を作る1日を取材

写真と映像で見せる1日の仕事の流れと橋ができるまでの工程を朝から取材撮影させていただきました。
この撮影は、御殿場市に製作中の道路にかかる橋部分に橋桁を載せる作業を1日を追って撮影しました。
以下、動画と写真、撮影の様子を紹介します。
まずはこちらの動画を見ていただければ現場のスケール感がわかります。

撮影概要

今回は現場撮影を依頼されました。実は撮影開始時点では具体的に何を納品するかは決まってなくほぼ全てお任せいただき撮影に臨みました。
現場の場合は、出来ることが限られますのでその中で安全に配慮しながら撮影を行いました。

撮影機材

今回の撮影機材を紹介します。
・一眼レフカメラ
・ビデオカメラ
・ドローン
・360度カメラ
・その他マイクや三脚等を使用しています。

撮影の流れ

この日は朝の朝礼から参加し夕方の仕事終了までを撮影させていただきました。
現場では主に部長さんが全て段取りをしてくれてあり、安全への配慮や撮影にあたっての許可等も動いていただきました。
ただし、現場ではある程度自分で撮影ポイントを決め撮影します。
仕事の流れを聞き出し、次に起こることを予測しながら空撮と地上撮影を組み合わせて撮影を行いました。

以下、撮影の流れです。
8:00現場入り 事務所挨拶打合せ

8:30 ラジオ体操・点呼・当日の仕事内容と安全確認 


ラジオ体操からミーティングを外でやるとのことで、ドローンを使いラジオ体操の様子を映像で撮影、同時に地上では360度カメラとビデオカメラを固定し映像を撮影しました。

9:00 現場稼働

トレーラーの運転のうまさや、安全に動いている感じを出す為ドローンをトレーラーと同じ高さで撮影し4kで撮影することで編集でズーム機能を使いました。
10:00クレーンによる搬送